宇宙人家族

夫婦と子ども三人、その内実に母さんと三人の子どもが発達障害や知的障害とか抱えちゃってたよ!って一家のいろんなお話です。

いつもニコニコしてますね、と言われるけれど

それは悩んでるばかりでは何も解決しないからだったり、子どもたちの前ではせめて笑っていたいから。

母さん、子どもの頃に出かけた夏祭りで虻に刺されて酷く痛い目に遭ったんですがその時にジツボからなんの手当てもされないだけではなく

「いつまでも泣いていてみっともない!煩いから黙りなさい!」

などと怒られて、それ以来人前で泣く事はほぼほぼ無くなりました。あったとしても家族の前ではありません。

笑っていれば良いことがある、なんて思ってないし言いもしないけれど泣いてばかりよりは良いかも知れない。

気が済むまで泣いたら、笑うだけなのかも知れない。

でも、見た目だけで決めないで下さい。いつもニコニコしてるからって、胸の中までニコニコしているとは限らないって。

同時に、ニコニコしてますねって言葉をかけて貰うと、少しは嬉しいです。その言葉の裏側にあるのが、もしかしたらこれまでいろいろ大変だったでしょう、と言う労りの気持ちが隠れているのかも知れないから。